忍者ブログ
          本能の赴くままに突っ走る、猪突猛進な合成職人のひとりごと
カウンター
カレンダー
05 2019/06 07
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
プロフィール
HN:
Chot'2 Mothing
性別:
非公開
自己紹介:
主に【彫金】【錬金術】【革細工】【調理】担当。
時々【裁縫】もやります。
イロモノでネタ満載のグッズは私の担当と思っていただいて間違いありません。
次回イベントはメリットポイント!3の予定です。
通販
DD便で荷物受け取れます
栽培中…
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
[14] [13] [12] [11] [10] [9] [8] [7] [6] [5] [4]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

皆様こんばんは。
本日は彫金ギルドに赴きまして、彫金合成に勤しんで参りました。

作成物その1:獣人金貨・銀貨
原型:サンクマ
彫金:Chot'2Mothing


jujincoin.jpg

これはまだ鋳造前のワックス状態の写真です。

前回の夏コミではレジンキャスト製の獣人金貨・銀貨をサンクマ氏が販売しておりましたが、販売前から「本物の金属でやりたいなあ」という話をしておりました。
そしてイベント終了後、早速サンクマ氏のシリコン型を使って溶かしたワックスを流しいれ、型取りをしました。
それを整えなおし、鋳造用の湯道をつけて鋳造依頼をしたのです。

獣人金貨は真鍮(ブラス)、獣人銀貨はシルバーで鋳造です。

しかし…大きさは小さいのですが、かなり厚みがあるため重量がスゴいことになってしまいました。
師匠が「これ…ワックスの段階でかなり重いよ…」と閉口。
なんと、アトルガン貨幣のほぼ1.5倍~2倍ほどの重さなのです。

それでも出してきたけどね、鋳造。

そのかわり個数限定で3つか4つほどしかない予定です。
(師匠いわく、厚みがあるものは鋳造も難しいので失敗覚悟でいてね!とのこと)

欲しい人はお早めに!
ピッカピカに磨き上げてお持ちします!


さてもう一品。

作成物その2:焼印
作者:Chot'2Mothing


切り出し中

ご覧のとおり、獣人マークです。
フォトショップでえっちらおっちら描いたものをプリントアウトし、銀の板にノリで貼り付けます。
それを糸鋸でひたすら切り出し。

BC02.jpg

ただただ無心に切り出し。ちょっと歪んでもそれもまた若さだから。(byヴァンプ将軍)

BC03.jpg

切り抜いたものの下に補強と真ん中の点を留めるための真鍮板をロウ付け(溶接のようなものです)をします。

あとは半田ごてに取り付けるための軸として4mmの真鍮線をロウ付けしたら完成。


完成品を試し押し。
ゴブリンが見守る中、徐々に半田ごての温度が上がっているところです。

BC04.jpg

それでは気合を入れて・・・

BC05.jpg

えいやっ!

BC06.jpg

じゃ~ん。
出来上がり。

こうやって使う予定ではなく、これは試し押し。
今後は本革ブックカバーの後ろ側(ゴブリンのやつをもっとグレードアップして漢らしくしたかったので…)に押す予定です。

しかしなぜ、本体部分を銀板で作成し、補強と4mmの軸に真鍮を使ったのか!?

師匠「なんで銀板つかってるの?こんなに広い面積、高いのに」
チョト「いえ、銀は熱伝導率が高いと申しますので・・・」
師匠「真鍮とさほどかわんないよ、この程度のアバウトなモノだから」
チョト「がーん!」

ぎ、銀である必要がなかったっぽいです…ウフフアハハ!!!

と、そんなこんなで新しい焼印が仲間入りです。
またブックカバー等に押したものをアップします。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
忍者ブログ [PR]